Q&A

電動配管機器

●パイプマシン ネジプロシリーズ(N25/40/50/80)
・Q.パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)のフィルタが欲しいのですが、他の機種と共通ですか?
・Q.パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)で200Vの仕様はありますか?
・Q.パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)のパイプカッタで被覆管を切断すると被覆がまくれてしまいネジが切れません。
・Q.パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)に使用できるニップルアタッチメントはありませんか?
・Q.パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)の旧型ダイヘッドを新型ダイヘッドに交換すると使用出来ません。なぜですか?
・Q.パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)で電線管は切れますか?
・Q.パイプマシン ネジプロ40(N40)でボルトネジは切れますか?
・Q.パイプマシン ネジプロ40(N40)にADKやAD50は取り付けられますか?
・Q.パイプマシン ネジプロ40(N40)で自動ダイヘッドを使用して20Aのネジ切りをするとネジの長さが15mmくらいになるがもう少し長くするにはどうすれば良いですか?
・Q.パイプマシン ネジプロ50(N50)の正逆仕様のポンプを取ったら矢印が片一方だけのものがきましたが、それでいいのでしょうか?
・Q.パイプマシン ネジプロ80(N80)で40Aのステンレス管のネジ切りがしたいのですが、特別なものが必要ですか?
・Q.パイプマシン ネジプロ80(N80)で切削油がチョロチョロしか出ないんですが・・・
・Q.パイプマシン ネジプロ(PM)のステンレス仕様は小爪も交換するのですか?
・Q.パイプマシン ネジプロ(PM)の切粉受けは各サイズで違うのですか?
・Q.「PM50」 のパイプカッタの替刃が欲しいが何を頼めばいいでしょうか?
・Q.パイプマシン ネジプロ(PM)でネジを切ると三角ネジ(おにぎり状)になってしまうが何が原因ですか?
・Q.PT1/4−3/8のねじを切りたいがどうすればよいか?

●パイプマシン関係
・Q.機械の銘板には「PM−14」とありますが、パーツはありますか?
・Q.パイプマシン(PM)のオイルが白くなっていると言われています。寒いからでしょうか?
・Q.SKHチェーザ(ステンレス用)をSGP管のネジ切りに使用すると欠け易いんですか?
・Q.パイプマシン(PM)でスケジュール管の40/80/100のネジ切りは出来ますか?
・Q.海外へ輸出するのに220Vのパイプマシン(PM)は出来ますか?また電圧が下がった場合は大丈夫でしょうか?
・Q.パイプマシン(PM)の修理でスイッチとキャップタイヤケーブルを交換し、スイッチを入れたらバチッという音がして火花が出ましたが、その後は正常に動いています。大丈夫でしょうか?
・Q.パイプマシン(PM)のパーツでアマチュアと言われますが、何の事でしょうか?
・Q.パイプマシン(PM)の給油チューブが傷んできているようですが・・・
・Q.ニップルアタッチメント(PMMNA45)は全機種に使えるんですか?
・Q.HTLP管はニップルアタッチメント(PMMNA45)でネジ切りが出来ますか?
・Q.ニップルアタッチメント(PMMNA45)のアダプタのみは取れますか?
・Q.ニップルアタッチメント(PMMNA45)はネジタイプですか?挟むタイプですか?
・Q.S45Cの材料のねじ切りは可能ですか?
・Q.パイプマシン(PM)用パイプサポートの最低高さはどのくらいですか?

●パイプマシン ダイヘッド(DH)・チェーザ(CH)
・Q.ダイヘッドのチェーザの位置決めの鋼球が抜けましたが、自分で直せますか?
・Q.ダイヘッドはNPTのHタイプです。前はチェーザがサイズ1”〜11/4と11/2〜2”に分かれていましたが適合するチェーザは何になりますか?
・Q.チェーザでPMCPT5AKというのは1”〜2”の自動ダイヘッドに合うチェーザですか?
・Q.1/4〜3/8のチェーザでK型で箱は黄色のものはありますか?
・Q.No.2という古い機種のチェーザサイズ11/2〜2”が欲しいのですがありますか?
・Q.1/4〜3/8のチェーザでネジのピッチが2.5のものはありますか?
・Q.チェーザサイズ1/2〜3/4が欲しいのですが、水道・ガス管用とは寸法が違います。
・Q.ステンレス管の薄肉のものは切れないと聞いたことがありますが、切れる範囲を教えて下さい。
・Q.カタログのチェーザサイズにPTとAPTがあるが、APTはどんなネジですか?
・Q.パイプマシン黒豹やMCCタイプに使用出来るチェーザはありますか?

●ボルトマシン(BM)
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)用のチェーザでチェーザサイズM6のSKHチェーザ(ステンレス用)はありますか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)のカーボンブラシは100V・200Vの兼用ですか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)のバイスへ6mmの丸棒をくわえさせるとしっかり締まらず回ってしまいますが、なぜでしょうか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)を逆転(左回転)に切り替えてネジを切ろうとしたら切削油が出ませんがなぜですか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)で長ネジを切るとネジが太くなってきますが、なぜですか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)で異形鉄筋へネジ切りは出来ますか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)で胴鋼のネジ切りをしていて山とびや材料が変色すると言われます。
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)でセパレータ2分5厘のネジ切りは出来ますか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)でユニファイネジは切れますか?
・Q.ボルトマシンボルダー(BM)用SKHチェーザ(ステンレス用)でステン丸棒を切りたいが、どれだけ切れますか?

●コンジットマシン(CM)
・Q.コンジットマシン82(CM)で水道管のネジ切りは出来ますか?
・Q.コンジットマシン82(CM)やボルトマシンボルダー(BM)で切るネジと水道用のネジとの違いは何ですか?
・Q.コンジットマシン82(CM)でボルトネジは切れますか?ステンレスは切れますか?
・Q.コンジットマシン82(CM)でステンレス電線管のネジ切りは出来ますか?
・Q.コンジットマシン82(CM)用パイプサポートの最低高さはどのくらいですか?
・Q.コンジットマシン82(CM)を発電機で使用する場合、何アンペア必要ですか?
・Q.コンジットマシン82(CM)でM8の加工は出来ませんか?
・Q.PTネジをコンジットマシン82(CM)で切れますか?
・Q.コンジットマシン82(CM)でボルトが切れますか?

●パイプマシン MCCシリーズ(32/40/50/80/100)
・Q.パイプマシン MCC32で白管と被覆管兼用の刃はありますか?
・Q.パイプマシン MCC32のパーツでトロコイドポンプのジョイントと言われていますが、何のことですか?
・Q.パイプマシン MCC32のパーツでリーマアームとそれを取り付けるボルトが欲しいのですが、何という部品ですか?
・Q.パイプマシン MCC32のユーザーでNPTのダイヘッドとチェーザを購入したが、ネジがむしれると言われています。原因は何が考えられますか?
・Q.パイプマシン MCC32を使用していますが、切削油の出が悪くなりました。どうしたら良いでしょうか?
・Q.パイプマシン MCC50にLM22と入っているが同じ商品ですか?
・Q.パイプマシン MCC50を使用しています。1”〜2”のダイヘッドがあるが、これにはAPTKの1”〜2”のチェーザは使えますか?
・Q.パイプマシン MCCタイプに使用している樹脂のエルボユニオンと金属製のエルボユニオンは兼用出来ますか?
・Q.パイプマシン MCC50のダイヘッドピンは80も兼用ですか?
・Q.パイプマシン MCC50を使っていますが、ネジ山がざらざらで汚いのでチェーザは交換したがあまり変わりません。原因は何が考えられますか?
・Q.パイプマシン MCC100DXは100V/200Vの切換えが出来るようになっていますが、電源のプラグはどうなっていますか?
・Q.パイプマシン MCC100DXの付属品のグリースはパーツで取れますか?
・Q.パイプマシン MCC100DXには他の機種のように付属品としてカーボンブラシはついていないのでしょうか?
・Q.パイプマシン MCC100DXのパイプカッタのピンは何かと兼用になっていますか?
・Q.パイプマシン MCCシリーズのマシンの部品供給は出来ますか?

●パワーソー(PS)
・Q.パワーソー(PS)で鋳鉄管は切れますか?
・Q.パワーソー(PS)で切断すると斜め切りになりますが、なぜですか?
・Q.パワーソー(PS)で切断の際に火花は出ますか?
・Q.パワーソー(PS)で木工用の刃はありますか?
・Q.パワーソー(PS)の2重絶縁構造というのは何ですか?
・Q.Φ25の鋼管を大量に切りたいのですが、パワーソー(PS)で切れますか?
・Q.パワーソー(PS)で10mmの棒鋼や厚さ5mmの鉄板は切れますか?
・Q.パワーソー(PS)でパイプを切断するとき壁などの障害物とパイプの隙間はどれだけあれば使えますか?
・Q.新型パワーソー(PS) PS−200へ旧型の刃は使用出来ますか?
・Q.パワーソー(PS)でチャンネルは切れますか?
・Q.旧型のパワーソー(PS)の部品は注文出来ますか?
・Q.パワーソー(PS)専用バイスでクランプ出来る最小径は??
・Q.パワーソー(PS)PS−200の部品は以前のパワーソー(PS)と互換性はありますか?
・Q.パワーソー(PS)PS―165の修理は出来ますか?
・Q.パワーソー(PS)の薄鋸刃でエンビ管が斜めに切れてしまいますが・・・

●コードレス工具・高速パイプカッタ(EHC)・塩ビ管切断面取り機(VPB)
・Q.コードレス全ネジカッタ(EAB−4W)のバッテリーパックは何になりますか?
・Q.コードレス工具の油圧オイルは抜きかえる必要がありますか?
・Q.今まではボルトクリッパ(BC)で切っていたステンレスの丸棒でΦ9mmはコードレスボルトクリッパ(EBC)で切れますか?
・Q.コードレスボルトクリッパ13(EBC−13)でメッセンジャーは切断出来ますか?
・Q.コードレスボルトクリッパ(EBC)で焼入れされた鉄筋は切れますか?
・Q.軽天材を切断する工具はありますか?
・Q.高速パイプカッタ(EHC)の替刃は新旧タイプの互換性はありますか?
・Q.高速パイプカッタ(EHC)でチタンのパイプ肉厚1mmは切れますか?
・Q.ステンレスリーマ60(BP−60)を100Vの電動ドリルで使用出来ますか?
・Q.塩ビ管切断面取り機300(VPB−300)にはパイプサポート(VPAS300A)はセットで入っていますか?

Q&A内容

Q:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)のフィルタが欲しいのですが、他の機種と共通ですか?
A:ネジプロシリーズは各サイズとも共通です。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)で200Vの仕様はありますか?
A:200Vの仕様はありませんが、230Vでしたら貿易用としてございます。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)のパイプカッタで被覆管を切断すると被覆がまくれてしまいネジが切れません。
A:初期の頃はパイプカッタのローラが平ローラでしたが、現在はローレット加工がされた
被覆のまくれを抑える新型ローラに変わっています。なお、ステンレス管は逆に
新型ローラでは管の変形が出やすいためにステンレス仕様のローラは平ローラを使用しています。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)に使用できるニップルアタッチメントはありませんか?
A:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)は非常にコンパクトになっており、
往復台のストロークが短くニップルアタッチメントを
使用できるだけのストロークが確保出来ないので設定されていません。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)の旧型ダイヘッドを新型ダイヘッドに交換すると使用出来ません。なぜですか?
A:旧型ダイヘッドはダイヘッドにダイヘッドピンが付いていますが、
新型ダイヘッドは往復台にダイヘッドが付いていますので使用が出来ません。
新型ダイヘッドピンを購入して頂ければ、取り付けは可能です。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)で電線管は切れますか?
A:切れません。
コンジットマシン82(CMM0003)か、パイプマシン ネジプロ50(N50)、
パイプマシン ネジプロ80(N80)であれば、電線管をお切り頂けます。
コンジットマシン82(CMM0003)であれば電線管用のチェーザを、
パイプマシン ネジプロ50(N50)もしくはパイプマシン ネジプロ80(N80)でしたら
電線管対応のダイヘッドとチェーザをご使用ください。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ40(N40)でボルトネジは切れますか?
A:パイプマシン ネジプロ40(N40)でボルトネジを切る場合は、
ボルト用ダイヘッドとボルト用チェーザを別途購入して頂ければ
右ネジのみ切る事が出来ます。
ホームページにあります、パイプマシン用チェーザ・ダイヘッド対照表にて
チェーザサイズと適合するダイヘッドをご確認ください。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ40(N40)にダイヘッドのAMD‐KやAD50は取り付けられますか?
A:パイプマシン ネジプロ40(N40)にダイヘッドのAMD‐KやPMDAD05を取り付けようとすると
ダイヘッド部分と往復台が干渉して取り付ける事が出来ません。
新型ダイヘッドピンを購入して頂ければ、取り付けは可能です。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ40(N40)で自動ダイヘッドを使用して20Aのネジ切りをするとネジの長さが15mmくらいになるがもう少し長くするにはどうすれば良いですか?
A:自動ダイヘッドの場合は開放レバーの調整で2山分(約4mm程度)の調整は出来ます。
手動ダイヘッドの場合は任意の位置で切り上げますのでいくらでも長くは出来ますが、
管用テーパーネジの場合はネジの長さが決まっており、
あまり長くすると先の方がテーパーでなくフラットになり
水漏れの原因になりますので注意が必要です。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ50(N50)の正逆仕様のポンプを取ったら矢印が片一方だけのものがきましたが、それでいいのでしょうか?
A:正逆の仕様は主軸のみ正逆転の正逆仕様と主軸とポンプも正逆になる正逆ポンプ付き仕様とがあります。
正逆ポンプ付きの場合、ポンプはボルトマシンと同じNOPIRA−IFという外観が
丸いポンプを使用します。(矢印はついていません)
対して一般の機械や主軸のみの正逆転仕様は外観は
三角のポンプでKSP−10AR(矢印は右から左へ)というポンプを使用しています。
お持ちのマシンについているポンプをご確認ください。
ただし、現在は正逆仕様のパイプマシンの生産は終了しております。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ80(N80)で40Aのステンレス管のネジ切りがしたいのですが、特別なものが必要ですか?
A:ステンレス管のネジ切りの場合は、
ステンレス用のチェーザが必要ですし、パイプカッタもステンレス用のカッタホイールと平ローラのステンレス管用パイプカッタに変えたほうが良いと思います。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ80(N80)で切削油がチョロチョロしか出ないんですが・・・
A:オイルの量も十分でタンクもきれい、油量調整も正常ということであれば、
他に考えられるのはN40/50/80の場合ですと、
タンク内にある排出口の部品が外れている可能性があります。
確認をお願いします。ここまで確認して異常がなかった場合、ポンプは長期間の使用で摩耗のために吐出量が少なくなりますのでポンプの交換が必要かもしれません。

PageTop

Q:パイプマシンでネジプロのステンレス仕様は小爪も交換するのですか?
A:パイプマシンのネジプロシリーズ(PM)は兼用型の爪になっていますので
爪はそのままで大丈夫です。
チェーザはステンレス用に交換が必須です。パイプカッタと切削油もステンレス用が設定されていますので交換をお勧めします。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ(PM)の切粉受けは各サイズで違うのですか?
A:各サイズで違います。
機種サイズを指定して注文をお願いします。

PageTop

Q:「PM50」 のパイプカッタの替刃が欲しいが何を頼めばいいでしょうか?
A:「PM50」は旧型ならMCC50新型ならネジプロ50というパイプマシンです。
パイプカッタの替刃は共通ですので品番「PCE1180」をご注文下さい。
なお、同じくステンレス用パイプカッタの替刃は品番「PCE1280」になります。

PageTop

Q:パイプマシン ネジプロ(PM)でネジを切ると三角ネジ(おにぎり状)になってしまうが何が原因ですか?
A:チェーザが磨耗していないか、切削油は十分かかっているか、
マシン付属のパイプカッタを使用しているかをご確認下さい。
特にマシン付属のパイプカッタ以外で切断されますと、パイプを直角に切断する事が難しくなり、
三角ネジ(おにぎり状)になってしまう事が考えられますのでご注意下さい。

PageTop

Q:PT1/4−3/8のねじを切りたいがどうすればよいか?
A:パイプマシン、すべてにおいて基本仕様はPT1/4−3/8のサイズのねじを切る設定にはなっておりません。
ネジプロ25は手動ダイヘッドHMD10(PMHMD10)とチェーザサイズPT1/4−3/8(PMHCPT01)を、
その他のサイズのネジプロMD仕様にはチェーザサイズPT1/4−3/8(PMCG001)のみを、
AD仕様にはMDダイヘッドMD40(PMDM104)とチェーザサイズPT1/4−3/8(PMCG001)を
購入して頂ければ、ネジを切って頂けます。
     尚、PT1/4−3/8用の自動ダイヘッドは設定がありませんので手動ダイヘッドを使用してください。

PageTop

Q:機械の銘板には「PM−14」とありますが、部品はありますか?
A:「PM−14」というのはパイプマシンの「MCC100DX」という機種です。
現在部品はすべて揃っていますが、
パイプマシン「MCC100DX」は販売終了商品となっておりますので、
部品供給は2018年2月まで(販売終了後7年)となります。
その後は在庫がなくなり次第、部品の販売は終了とさせて頂きます。
詳しくは注文の際、確認をお願いします。

PageTop

Q:パイプマシン(PM)のオイルが白くなりますが、寒いからでしょうか?
A:パイプマシン(PM)の切削油は配管後の通水で洗い流せるように水溶性のものを使用していますが、
この油は水に溶けると白くなる性質を持っていますので、切削油に水が混入したものと考えられます。
白くなったものは切削油としての性能が落ちていますので、全量入れ替えてご使用ください。

PageTop

Q:SKHチェーザ(ステンレス用)をSGP管のネジ切りに使用すると欠け易いんですか?
A:SKHチェーザ(ステンレス用)はSKSチェーザ(一般鋼材用)のものに比べて硬い材料を使用していますので
食いつかせるときにパイプに当てたりすると欠けることがあります。
SKHチエーザは高価で欠けやすい材質ですのでSGP管を切られるだけでしたら、SKSチェーザ(一般鋼材用)を使用してください。

PageTop

Q:パイプマシン(PM)でスケジュール管の40/80のネジ切りは出来ますか?
A:スケジュール管とは圧力配管用炭素鋼鋼管(STPG管)です。
普通のSGP管に比べて厚肉で切削負荷が大きいという事で、ネジ切りは手動ダイヘッドで調整しながらやっていただく必要があります。

PageTop

Q:海外へ輸出するのに220Vのパイプマシン(PM)は出来ますか?また電圧が下がった場合は大丈夫でしょうか?
A:220V仕様は貿易仕様で設定がありますので、生産出来ます。
電圧が下がるというのは電圧ドロップだと考えられますが、
プラスマイナス5%程度なら使用可能です。
ただし、電圧が下がるという事は、回転が遅くなりパワーが落ちるという事になり、モータにも過剰な負荷がかかりますので注意が必要です。

PageTop

Q:パイプマシン(PM)の修理でスイッチとキャップタイヤケーブルを交換し、スイッチを入れたらバチッという音がして火花が出ましたが、その後は正常に動いています。大丈夫でしょうか?
A:火花が出たという事はどこかがショートしたものと考えられます。
漏電の恐れもありますので、
もう一度、スイッチの接続端子の緩みや線がローターに接触していないか等を点検してください。

PageTop

Q:パイプマシン(PM)のパーツでアマチュアと言われますが、何の事でしょうか?
A:モーターのローター側の事です。ローターはアマチュアや電機子とも言います。
なお、モーターはローター(電機子)とステーター(界磁鉄心)とで構成されますが、
修理、部品交換の場合、ローターはカーボンブラシと接触している部分(整流子面)の表面が荒れ、摩耗が発生するため、ローターのみの交換がほとんどです。

PageTop

Q:パイプマシン(PM)の給油チューブが傷んできているようですが・・・
A:給油チューブは経年劣化や接触部の摩耗などが起こりますので、交換をお願いします。
販売店・購入先から給油チューブをご注文頂きご自身で交換いただくか、修理の依頼をお願い致します。
   給油チューブは機種により寸法等が異なりますので機種を指定してください。
  

PageTop

Q:ニップルアタッチメント(PMMNA45)は全機種に使えるんですか?
A:アタッチメントの取付部が爪の形状にあわせてあるので、
旧型のニップルアタッチメントはパイプマシン旧型のMCCタイプであればご使用頂けます。
また現在のニップルアタッチメント(PMMNA45)は
パイプマシン MCCタイプ・ネジプロタイプ両方ともご使用頂けます。
なお、ニップルアタッチメント(PMMNA45)は
パイプマシン ネジプロ25(PMNA025)にはご使用頂けませんのでご注意下さい。

PageTop

Q:HTLP管はニップルアタッチメント(PMMNA45)でネジ切りが出来ますか?
A:HTLP管というのは耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管になります。
ネジ切りはパイプマシン(PM)で行いますので
原則的にパイプマシン(PM)でネジが切れるパイプであればご使用頂けます。

PageTop

Q:ニップルアタッチメント(PMMNA45)のアダプタのみは取れますか?
A:アダプタのみでもご購入頂けます。
特別付属品として別売のアダプタ1/4は品番NA−AD02、アダプタ3/8は品番NA−AD03になります。
その他はパーツとして設定しております。

PageTop

Q:ニップルアタッチメント(PMMNA45)はネジタイプですか?挟むタイプですか?
A:ネジタイプです。
ニップル製作の工程は最初にパイプマシン(PM)で通常のように片側をネジ切りして任意の長さに切断、
次にニップルアタッチメントをチャックへ取付け、
ニップルアタッチメントの先端にあるメネジに先程の片側ネジのものを
入れて反対側へネジを切るという機構です。

PageTop

Q:S45Cの材料のねじ切りは可能ですか?
A:可能です。ただし、焼入れされた物は不可となります。
焼入れされているか見分ける方法は以下の通りです。
ヤスリでこする→ひっかかりがある、やすりが効く→生材
ヤスリでこする→ひっかからない、やすりが効かない→焼入れ処理がされている

PageTop

Q:パイプマシン(PM)用パイプサポートの最低高さはどのくらいですか?
A:パイプポール(高)の使用の場合、810〜1000(mm)
パイプポール(低)の使用の場合、270〜460(mm)です。

PageTop

Q:ダイヘッドのチェーザの位置決めの鋼球が抜けましたが、自分で直せますか?
A:言われている部分はダイヘッドのチェーザが入る溝の中ほどに付いているもので
穴の奥からスプリング、鋼球の順に入れて外側からかしめてあるものです。
かしめには特殊な工具が必要ですので、修理をするには工場へ送って頂かなくてはなりませんが、
この鋼球自体はチェーザを止める位置が分かり易いように付いているものですので、
それがなければチェーザが交換できないというものではありません。

PageTop

Q:ダイヘッドはNPTのHタイプです。前はチェーザがサイズ1”〜11/4と11/2〜2”に分かれていましたが適合するチェーザは何になりますか?
A:NPT用チェーザでサイズ1”〜2”(品番PMCHNP05)になります。

PageTop

Q:チェーザでPMCPT5AKというのは1”〜2”の自動ダイヘッドに合うチェーザですか?
A:PMCPT5AKという品番のチェーザはサイズ1”〜2”のチェーザになります。
自動ダイヘッドでしたらイエローの旧型にもシルバーの新型にも適合するものです。
ただし、旧型の赤い手動ダイヘッドには取り付けることが出来ないので注意してください。

PageTop

Q:1/4〜3/8のチェーザでK型で箱は黄色のものはありますか?
A:このサイズは1種類のみです。
K型で黄色の箱はありません。

PageTop

Q:No.2という古い機種のチェーザサイズ11/2〜2”が欲しいのですがありますか?
A:かなり古い機種ですが、チェーザはございます。
最近は異なるサイズ取りのチェーザが主になっていますので
必ずチェーザサイズ11/2〜2”(品番PMCPT05)と明確にご注文ください。

PageTop

Q:1/4〜3/8のチェーザでネジのピッチが2.5のものはありますか?
A:管用テーパーネジということでJISで細かく規格されており、
規格ではこのサイズのピッチは1.3368となっています。
特殊なピッチのチェーザはありません。

PageTop

Q:チェーザサイズ1/2〜3/4が欲しいのですが、水道・ガス管用とは寸法が違います。
A:自動ダイヘッドWK用チェーザAPT1/2〜3/4(品番PMCPT2AK)ではないでしょうか。
このダイヘッドはひとつのダイヘッドで
1/2〜2”まで6サイズのネジ切りができるようになっているので
小さいサイズのチェーザは通常よりも全長がかなり長くなっています。

PageTop

Q:ステンレス管の薄肉のものは切れないと聞いたことがありますが、切れる範囲を教えて下さい。
A:ステンレス管には呼び厚さということでスケジュールという呼びがされていますが、
切れる範囲は下記の通りです。ただし、ステンレス管の材質によってはねじ切り不可の場合があります。
6A(1/8B)〜10A(3/8B) スケジュール80の肉厚  2.4mm以上
15A(1/2B)〜20A(3/4B) スケジュール40の肉厚  2.8mm以上
25A(1B)以上           スケジュール20Sの肉厚 3.0mm以上

PageTop

Q:カタログのチェーザサイズにPTとAPTがあるが、APTはどんなネジですか?
A:APTというネジはありません。
ダイヘッドの「AMD−K」を発売した当時、「AMD−K」専用チェーザだったため
区別するため「A」を付けたものでネジの種類を表すものではありません。

PageTop

Q:パイプマシン 黒豹やMCCタイプに使用出来るチェーザはありますか?
A:PT1‐2とPT1‐11/4、PT11/2‐2、PT1‐11/2の4種のチェーザは
それぞれ取り付けられるダイヘッドが異なるため注意が必要ですが、
それ以外のチェーザは新旧のマシン、ダイヘッドに共通でご使用頂けます。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)用のチェーザでチェーザサイズM6のステンレス用チェーザはありますか?
A:ボルトマシンボルダー(BM)用SKSチェーザ(一般鋼材用)はありますが、 ボルトマシンボルダー(BM)用SKHチェーザ(HSS)のM6R・M6Lは設定されていません。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)のカーボンブラシは100V・200Vの兼用ですか?
A:100V用と200用がありますので電圧を指定して発注してください。
なお、カーボンブラシは全機種とも100Vと200Vは兼用ではありませんのでご注意下さい。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)のバイスへ6mmの丸棒をくわえさせるとしっかり締まらず回ってしまいますが、なぜでしょうか?
A:当初BMの最小キャパシティは8mmとして設定されており、
その後6mmまで拡大した経緯から標準のバイス歯は8mmまでしか噛まないようになっています。
部品として別売している6mmが噛むバイス歯が必要となります。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)を逆転(左回転)に切り替えてネジを切ろうとしたら切削油が出ませんがなぜですか?
A:ほとんどの場合、普段右ネジばかりを切られていて久しぶりに逆転で使用されるときに起こる現象です。
原因は右ネジばかりでポンプも1方向ばかりですと、ポンプ内の偏磨耗や垢が付着するなどして
左ネジ(ポンプも逆転)にしたとき出なくなるもので、ポンプの分解掃除をすれば直る場合もありますが、
ほとんどの場合ポンプを交換して頂く事になります。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)で長ネジを切るとネジが太くなってきますが、なぜですか?
A:チェーザが古くてネジ切りの荷重が大きくなってくると、
ダイヘッドを押し広げる方向で荷重がかかりますので
ネジが太くなってくると考えられます。
チェーザの状態とダイヘッドの開放レバー関係は
しっかり締め付けて固定できるかを確認してください。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)で異形鉄筋へネジ切りは出来ますか?
A:異形鉄筋は対象材とはしておりませんが、軟鋼材のものは切ることは出来ます。但しチェーザの損傷や摩耗が出やすくなります。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)で銅鋼のネジ切りをしていて山とびや材料が変色すると言われます。
A:銅鋼は柔らかい材料ですので山とびが発生します。ボルダーの対象材とはしておりませんので
     ネジ切りしていただくことは出来ません。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)でセパレータ2分5厘のネジ切りは出来ますか?
A:2分5厘だと5/16ですが、
ウィットネジ(W)ネジの最小の設定が5/16になっていますので可能です。

PageTop

Q:ボルトマシンボルダー(BM)でユニファイネジは切れますか?
A:ユニファイネジというのはアメリカ規格のネジで
ネジ山の角度が異なりますのでボルトマシンボルダー(BM)には設定がありません。
ボルトマシンボルダー(BM)で切れるのはミリネジとも言われるメートル(M)ネジと
インチネジとも言われるウィット(W)ネジの2種類です。

PageTop

Q:ボルトマシン(BM)用SKHチェーザ(HSS)でステン丸棒は切れますか?
A:チェーザの材質がSKHということであり、ステンレスの丸棒を切るためのチェーザとしては
設定しておりませんので耐久性能は保証できませんが、切ることはできます。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)で水道管のネジ切りは出来ますか?
A:水道管用のネジは管用テーパーネジといい、
対して電線管(コンジット管)はフラットのネジになっています。
コンジットマシン82(CM)は電線管用のマシンですが、
一部サイズ(1/4〜11/4)については設定があります。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)やボルトマシンボルダー(BM)で切るネジと水道用のネジとの違いは何ですか?
A:水道用はテ―パネジ、コンジットマシン82(CM)・ボルトマシンボルダー(BM)は平行ネジとなっています。
電線管は電線を中に通すだけであり、
ボルトはパイプとは異なり水漏れなどの心配がないのでテーパーにする必要がありません。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)でボルトネジは切れますか?ステンレスは切れますか?
A:コンジットマシン82(CM)は正転のみですので右ネジに限ってボルトネジも切れます。
ステンレスについても同じ寸法でSKHチェーザがありますので
同じように右ネジのみボルトネジも切って頂けます。ダイヘッドはAのダイヘッド(小さい方)を使用してください。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)でステンレス電線管のネジ切りは出来ますか?
A:コンジットマシン82(CM)用の電線管用(ステンレス用)チェーザがございますので、
電線管用(ステンレス用)チェーザをご使用頂ければ、お切り頂けます。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)用パイプサポートの最低高さはどのくらいですか?
A:最低の高さは165mm、最高の高さは880mmです。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)を発電機で使用する場合、何アンペア必要ですか?
A:モーターは750Wのモーターですので、アンペアでいうと7.5アンペア以上になります。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)でM8の加工は出来ませんか?
A:ボルトマシンボルダー(BM)用チェーザM8R(BMCRM08)を使って頂ければ可能です。
コンジットマシン82(CM)にこのチェーザを挿入してメートルネジを加工出来ます。
ただし、ダイヘッドには目盛がありませんのでお客様にて太さの調節は必要です。

PageTop

Q:PTネジをコンジットマシン82(CM)で切れますか?
A: 一部サイズ(1/4〜11/4)については設定があります。

PageTop

Q:コンジットマシン82(CM)でボルトが切れますか?
A:右ネジのみ、切って頂けます。
但し、銘板にネジサイズに合った刻線がありませんので、ネジの太さは調整願います。

PageTop

Q:パイプマシン MCC32で白管と被覆管兼用の爪はありますか?
A:この当時兼用型はありませんでしたので、
どちらかの爪を使ってもらうしかありません。

PageTop

Q:パイプマシン MCC32のパーツでトロコイドポンプのジョイント部分の部品が欲しいのですが・・・
A:エルボユニオンになります。
エルボユニオンの交換時は、ホースも同時に交換して頂いた方が良いので確認をお願いします。

PageTop

Q:パイプマシン MCC32のパーツでリーマアームとそれを取り付けるボルトが欲しいのですが、何という部品ですか?
A:リーマアームはダイヘッドピンピンに差し込んで取り付ければ良いので
取り付けるボルトというのは「六角穴付き止めネジM8×16」と「六角ナットM8」という部品になります。

PageTop

Q:パイプマシン MCC32のNPTダイヘッドとチェーザを購入したが、ネジがむしれます。原因は何が考えられますか?
A:ネジ切りオイルは十分にかかっていますでしょうか?オイルがタンクに十分入っているか、劣化していないかを確認してください。

PageTop

Q:パイプマシン MCC32を使用していますが、切削油の出が悪くなりました。どうしたら良いでしょうか?
A:タンクの油量は十分に入っているかを確認してください。
また、タンク内は切粉・垢が溜まりやすいのでタンク内の掃除をしてください。
それでも切削油の出が悪ければ、ポンプ内に垢が詰まっているか
磨耗したために出なくなったと思われますので、
ポンプを交換して頂くことになります。

PageTop

Q:パイプマシン MCC50に「LM22」と入っているが同じ商品ですか?
A:「LM22」というのはパイプマシン MCC50の型番で
以前はこの型番が機種として主に表示されていました。

PageTop

Q:パイプマシン MCC50Wを使用しています。サイズ1”〜2”のダイヘッドがあるが、これにはAPTKの1”〜2”のチェーザは使えますか?
A:旧型の手動ダイヘッドB1には使用出来ません。
手動ダイヘッドB1なら適合するチェーザは、
サイズ1”〜11/4のチェーザとサイズ11/2〜2”の2種類のチェーザになります。
なお、APTKのチェーザが使用出来るのは、
手動ダイヘッドだとMD50、自動ダイヘッドではADK、AD50、ADWKになります。

PageTop

Q:パイプマシン MCCタイプに使用している樹脂のエルボユニオンと金属製のエルボユニオンは兼用出来ますか?
A:兼用出来ます。

PageTop

Q:パイプマシン MCC50のダイヘッドピンはパイプマシン MCC80も兼用ですか?
A:パイプマシン MCCタイプの50/80/100DXまで兼用です。

PageTop

Q:パイプマシン MCC50を使っていますが、ネジ山がざらざらで汚いのでチェーザは交換したがあまり変わりません。原因は何が考えられますか?
A:ネジ切り油はどんな状態でしょうか?十分にでていますか?
タンク内の油量は十分に入っているか、タンク内が切りくずや垢でいっぱいになっていませんか?水が混じったりして白濁していないかを確認してください。
白濁した切削油に継ぎ足しで使用されると白くなってしまいますので、全量交換してください。
ネジ切り油はネジの仕上り、チェーザの耐久性に大きな影響があります。

PageTop

Q:パイプマシン 100DXは100V/200Vの切換えが出来るようになっていますが、電源のプラグはどうなっていますか?
A:100Vで使用されることが多いということで、プラグは100V用としています。
200Vについては直接つなぐ場合もありますし、プラグの形状もさまざまなので
差込口に合わせてお客様で対応して頂くようにしています。

PageTop

Q:パイプマシン 100DXの付属品のグリースはパーツで取れますか?
A:付属品としているのはグリースではなく、グリースを注入するグリースガンです。
グリースは出せませんが、グリースガンはパーツで出せます。

PageTop

Q:パイプマシン MCC100DXには他の機種のように付属品としてカーボンブラシはついていないのでしょうか?
A:パイプマシン 100DXはカーボンブラシのいらないコンデンサーモータというモータを使用しています。
またその他の機種はすべてシリースモータというモータが使われていますのでカーボンブラシが必要です。

PageTop

Q:100DXのパイプカッタのピンは何かと兼用になっていますか?
A:パイプカッタのピンはカッタホイールとの関係ですので、
カッタホイールと同様にパイプマシン ネジプロ25(PMNA025)以外のマシンは共通となります。

PageTop

Q:MCCシリーズのマシンの部品供給は出来ますか?
A:初期タイプのマシンの部品はありません。
販売を終了してから約30年になりますので在庫がない物もあります。
ネジプロシリーズと共通の部品もありますのでご注文の際にご確認をお願いします。

PageTop

Q:パワーソー(PS)で鋳鉄管は切れますか?
A:鋳鉄管の内側へモルタルの被覆をした2層管は切れません。
ダクタイル鋳鉄管のみであればパワーソー旧型(PS−100/150/165、PS−M165)でも切れます。
スピードコントローラ付きのパワーソー200(PS−200)でスピードを遅くして
ステンレス用の鋸刃を使用してご使用頂くのが最適です。

PageTop

Q:パワーソー(PS)で切断すると斜め切りになりますが、なぜですか?
A:パワーソーは機構上、使用する刃が長くなるほど刃の先端がぶれます。
できる限り切断対象管のサイズにあわせて短い刃をご使用頂く方が安定します。

PageTop

Q:パワーソー(PS)で切断の際に火花は出ますか?
A:電動工具なのでモーター内のカーボンブラシと整流子面が接触するところは火花が出ますし、
切断部も鋼管等を切られるときは火花が出ますので
爆発の恐れがある所では使用出来ません。

PageTop

Q:パワーソー(PS)で木工用の刃はありますか?
A:パワーソー(PS)は機構的に木を切ると言う用途には向いていませんが、
塩ビと兼用の刃はあります。

PageTop

Q:パワーソー(PS)の2重絶縁構造というのは何ですか?
A:モーター部の絶縁に加えて本体部を絶縁ゴムカバーで覆っており、
それを2重絶縁と言っています。

PageTop

Q:Φ25の鋼管を大量に切りたいのですが、パワーソー(PS)で切れますか?
A:鋼管ということであればもちろん切れますが、
薄肉の管などでは変形などが出てうまく切れない場合がございます。

PageTop

Q:パワーソー(PS)で10mmの棒鋼や厚さ5mmの鉄板は切れますか?
A:軟鋼材ということであれば材質的には切れますが、
10mm程度の丸棒や鉄板は専用バイスが使えないこともあって
これらの形状のものの切断には向いていません。

PageTop

Q:パワーソー(PS)でパイプを切断するとき壁などの障害物とパイプの隙間はどれだけあれば使えますか?
A:切断対象の管径と使用する刃によって変わってきますので
一概にどれだけということは答えられません。
バイス・本体ともに切断する管に取付けて頂いて
刃先端から最大ストローク長さより約30mmの余裕をみてください。

PageTop

Q:パワーソー200(PS−200)へ旧型の刃は使用出来ますか?
A:最初のパワーソー100/150(PS‐100/150)は本体は全く同じものですし、
パワーソー165(PS−165)もスピードコントローラが追加されただけです。
パワーソーM165(PS−M165)やパワーソー200(PS−200)はモータが変更になっただけで、
刃取付部などに関してはまったく同じものですので替刃はMCCの全機種兼用でご使用頂けます。

PageTop

Q:パワーソー(PS)でチャンネルは切れますか?
A:チャンネルというのはアングルなどと同様に鋼材の1種ですので切れます。
軽量薄肉のものですので薄刃の鋼管・鉄工用(PSEF200A)が最適です。

PageTop

Q:旧型のパワーソー(PS)の部品は注文出来ますか?
A:パワーソー PS−100・150・165に関してはモータの在庫がなくなりました。
モータ以外の部品であれば在庫がありますので注文頂けます。
注文の際に在庫の確認をお願いします。
また、PS−M165に関してはすべて部品はありますのでご注文頂けます。

PageTop

Q:パワーソー(PS)専用バイスでクランプ出来る最小径は?
A:Φ10より可能です。

PageTop

Q:パワーソー200(PS−200)の部品は以前のパワーソーと互換性はありますか?
A:互換性がある部品もありますし、ない部品もありますので、
申し訳ありませんが、注文の際にご確認をお願いします。

PageTop

Q:PS―165の修理は出来ますか?
A:モーターの在庫がなくなりましたので修理は出来ません。
ただし、モーター以外の箇所は部品があれば修理可能です。
パワーソー100/150(PS‐100/150)に関しても同様です。
こちらの商品は販売終了後7年以上経過しておりますので、
部品の在庫がなくなり次第修理不可となります。
部品注文に関しても在庫がなくなり次第注文頂けなくなります。

PageTop

Q:パワーソー(PS)の薄鋸刃を使ってエンビ管を切ると斜めに切れますが・・・
A:パイプの切り込み速度が速過ぎると
斜め切れになる事があります。
ゆっくりとお切り下さい。(呼び100A=25秒)

PageTop

Q:コードレス全ネジカッタ(EAB−4W)のバッテリーパックは何になりますか?
A:残量表示付きのインテリジェントバッテリパック 品番BP−70Iになります。

PageTop

Q:コードレス工具の油圧オイルは抜きかえる必要がありますか?
A:取扱説明書では24ヶ月ごとの定期的な入れ替えを記載しています。
ただ発売してからすでに何年も経過していますが、オイルの要求はありません。

PageTop

Q:今まではボルトクリッパ(BC)で切っていたステンレスの丸棒でΦ9mmはコードレスボルトクリッパ(EBC)で切れますか?
A:ボルトクリッパも同様にステンレス鋼は切断対象材とはなっておりません。
耐久性は保証できませんが、数本なら切っていただけると思います。

PageTop

Q:コードレスボルトクリッパ(EBC−13)でメッセンジャーは切断出来ますか?
A:メッセンジャーは非常に硬度が高い材料になりますので、
材料の硬度をご確認ください。
Φ6〜Φ13で硬さが80HRB以下でしたら、切断して頂けます。

PageTop

Q:コードレスボルトクリッパ(EBC)で焼入れされた鉄筋は切れますか?
A:ボルトクリッパ、コードレスボルトクリッパともに焼入れされて硬度の高いものは切れません。

PageTop

Q:軽天材を切断する工具はありますか?
A:軽天材には断面を横から見た形状でCバーとMバーと言われるものがあります。
Mバーはラスカッタ(ML‐0020)や万能バサミ(MU−0020)でも切れますが、
Cバーは厚いのでコードレスCバーカッタ(ENC−38)をお薦めします。
    倍力万能バサミ(PMU−240)も厚さ1.2mmのCバーが切断できます。

PageTop

Q:高速パイプカッタ(EHC)の替刃は新旧タイプの互換性はありますか?
A:新旧と言うのは、EHC60F・EHC60Uが旧型、
EHC60RF・EHC60RUが新型になります。
高速パイプカッタ(EHC)の替刃は外径が異なりますので互換性はありません。
下記の替刃をご使用頂く様になっています。
  品番      替刃品番
EHC60F  EHCE60
EHC60U  EHCE60・EHCE62
EHC60RF EHCE66・EHCE67・EHCE70
EHC60RU EHCE66・EHCE67・EHCE70

PageTop

Q:高速パイプカッタ(EHC)でチタンのパイプ肉厚1mmは切れますか?
A:切断対象材にはなっておりませんので、切断出来ません。

PageTop

Q:ステンレスリーマ60(BR−60)を100Vの電動ドリルで使用出来ますか?
A:一般的な電動ドリルは回転が速いので使用出来ません。
変速機能が付いた電動ドリルか、DC12V以上のコードレスドライバーを使用し、低速でご使用下さい。

PageTop

Q:塩ビ管切断面取り機300(VPB−300)にはパイプサポート(VPAS300A)はセットで入っていますか?
A:塩ビ管切断面取り機300(VPB−300)にパイプサポート(VPAS300A)は入っておりません。
別売りとなっておりますので、別途パイプサポート(VPAS300A 1個入)をご注文ください。

PageTop